オリジナリティには自己分析が鍵!差別化を図る3要素

オリジナリティには自己分析が鍵!差別化を図る3要素

せっかくホームページを作るのであれば、競合他社に埋もれないものにしたいですよね?

デザインで差別化しようと考える人も多いかと思いますが、それだけでは商品やサービスに関係しないため、本質的な対策にはなりません。

そこで、今回は差別化をはかる3つの方法をご紹介します。

1.どこにも負けない強みで勝負

自社の自信のある商品やサービスはどの会社にも1つはあります。

価格やサービス、どれをとっても負けない自社の強みをホームページでしっかりアピールしましょう。

その際、押しが強すぎるような過剰な表現にならないようにすることもポイントです。

2.社員や販売員の顔を出す

社員や販売員の顔を出すことは、会社オリジナルのイメージづくりにもなり、付加価値となります。

顔写真と一緒に会社の経営理念なども一緒にアピールすると、より一層価値を高めてくれます。

3.地域性をアピール

ホームページを公開すると全国で見られることになります。

しかし地域密着のサービスや地域の写真を掲載することで、ターゲットを選定でき、親近感をもってもらえるホームページになります。

全国向けのビジネスを基本としていても、まずは地域性を大事にすることから、広げていく方法もあります。

数ある会社の中でも、競合と差別化をはかり、自社の強みを改めて認識することから始めましょう。

プリンスキーでは1.5万円/月でホームページ制作を行っております。

ホームページ制作にお悩みの方、お気軽にご相談ください。

⇒プリンスキーのサイトはこちら